menu

つくばエクスプレス線・JR武蔵野線 『南流山駅』徒歩3分!

流山・松戸・柏・埼玉・茨城からもアクセス抜群
お気軽にお問い合わせください
営業時間:12:00~21:00(火曜定休・日祝は19時まで)

メンテナンス

SCOOPで大切な器材のメンテナンスを!

年に一度、若しくは100ダイブ毎が目安です!

レギュレーターのオーバーホールやダイビングコンピューターの電池交換など、経験豊富な当店にお任せください!定期的なメンテナンスが器材の寿命を延ばします!安心・安全なダイビングは、メンテナンスの行き届いた器材からと言っても過言ではありません!当店は、器材のメンテナンスを通じて、皆様の楽しいダイビングライフを応援しています!

1.オーバーホールとは

皆さんがお使いのレギュレターは、ゴムとプラスチックと金属でできています。
これを海で使用すると塩水や紫外線などの影響で、ゴムやプラスチックはひび割れたりして劣化していき金属は錆びて腐食していきます。
これを放置して使っていくと使えるパーツも使えなくなり、レギュレーターの寿命を著しく短くしてしまいます。
また、パーツが摩耗することによりフリーフローや呼吸抵抗の増大など、使いにくいレギュレーターになっていきます。
そのため年に一度若しくは100ダイブ毎(どちらか早いほう)に、器材をバラバラに分解して超音波洗浄し塩分や汚れを落とし、組み立て調整してなるべく初期の状態に戻す作業をオーバーホールといいます。
レギュレーターはメーカーによりーバーホールごとに交換するパーツが決められており、オーバーホール時にこれらを交換しながらなるべく新品に近い状態にしていきます。

2.オーバーホールをすると

年に一度、定期的にオーバーホールをすれば、レギュレーターは最小限のダメージですむため、新品に近い状態を維持することができます。
BCDに空気が入りっぱなしになっての急浮上なども未然に防ぎます。
セカンドステージ内は唾液の固着等で雑菌が繁殖しやすい場所ですが、オーバーホールをすることによってこれらを除去し、衛生的な環境を維持します。
そして何よりメンテナンスすることによって、安心してダイビングが楽しめます。

3.オーバーホールはいつやるの?

年に一度か、たくさんダイビングする人で100ダイブ毎などと言われていますが、やはり年に一度の定期的な実施が器材を長持ちさせると思います。
またダストキャップをしないで水洗いしてしまった場合は、中に侵入した水がパーツを傷めますので、間を置かず速やかにオーバーホールに出してください。
あと、タンクにつなぐとフリーフローする、数年ぶりにダイビングする等の場合は、点検してもらったりオーバーホールをしてから器材を使うようにしましょう。

4.ワランティ

ワランティやパーツ無料券等があると、指定の毎回交換パーツが無料若しくは通常よりも安くなります。
指定交換パーツ以外にもパーツ交換は必要になりますが、当店では再利用できるパーツは再利用し、パーツ代の削減に努めています。

5.お見積り

レギュレーターはメーカーにより指定交換パーツの価格が異なります。また、パーツ無料券やケアブック等のワランティをお持ちの場合はパーツ代がお安くなります。
指定交換パーツ以外にも交換が必要なパーツもありますが、分解してみないと判らないものもありますので概算でのお見積りとなります。あらかじめご了承下さい。
パーツ代が高額になりそうな場合はご連絡させていただきます。

ホースに関して、外観からその耐久性を判断することはできません。通常中圧、高圧ホース共にメーカーでは2~3年での交換が推奨されていますのでこれを目安にホース交換をお願いいたします。OH後、ホースのバーストなどは、当店で新品交換したもの以外は保証の対象になりませんので、あらかじめご了承ください。
当店ではメーカー純正品やOEM品など数多く取り揃えております。リーズナブルな価格で提供しておりますのでご相談下さい。

製造から5年~10年以上たっている残圧計は裏面の安全弁が劣化して残圧計が水没することがあります、この部分はオーバーホールで対処できないため修理保証対象外とさせて頂きます。

製造から15年以上経過している器材に関しては、レギュレーターやBCの製造中止によるパーツ切れ、メーカー撤退によるパーツ入手困難、またプラスティック製品のひび割れ等、オーバーホールが不可能なものもあります。また、オーバーホール中に、劣化している材質が原因での破損が起こる場合があります、パーツがあれば続行しますが、パーツ切れの場合は修理不可能ですので、そのままの状態で返却することもあります。この場合の製品保証はできませんので、あらかじめご理解の上ご依頼ください。

現在有効なワランティカードや保証カード、ケアブック、規定交換パーツ無料券等がありましたら必ず器材と一緒にご提出下さい、パーツ代金がお安くなります。後日のご提出は無効となりますので、必ず器材と一緒にご提出をお願い致します。

メンテナンスについては店頭で、またはお電話、メールフォームからお問い合わせください。
ご相談はLINEでも受け付けております。

初めての方もLINE@で問い合わせ可能です!
LINEの「友達追加」から「ID登録」または
「QRコード」にて登録してください。